高濃度オリーブエキス使用 ポリフェノール含有 美容サプリメント ポリフェリッチ・カプセル 2箱セット の特徴

メーカー希望小売価格合計 ¥21,600

摘みたてのオリーブをフレッシュなまま使い、非加熱で製造、美容と健康のために摂りたいポリフェノールが含まれる高濃度オリーブエキスをぎゅっと凝縮した、カプセルタイプで飲みやすいサプリメント「ポリフェリッチ・カプセル」2箱セットです。
当開発メーカーだからこそできた、イタリアと日本の技術を駆使して作ったサプリメント。
ナイアシン、ビタミンEの栄養機能食品です。

【ポリフェリッチ・カプセル】
イタリアのオリーブ農園では、オリーブオイルを搾油する段階で出る水溶性のエキスを“オリーブの雫”と呼んでおり、注目されていました。
オリーブオイルでは微量しか摂れないとされるポリフェノールが、“オリーブの雫”には大量に含まれているということから、美容と健康のために、現地イタリアでは飲まれていました。中でも、“ヒドロキシチロソール”という成分に注目しました。 しかし、味はとても苦く、飲み続けるのが難しいと感じた開発メーカーは、日本の技術で、苦いエキスの成分を損なわずに濃縮したらもっと手軽に摂れるのではと考え、イタリア・ウンブリア州で長年農園を営む“カステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ社”に濃縮原料の製造などを懇願し続け、ようやく完成させました。
原料のオリーブ濃縮エキスは、オリーブの木1本(オリーブ約1万粒)から1.4~1.6kg程度しか採れません。
※出典:カステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ社資料より
ORAC値は、ブルーベリーと比較して約7倍(1gあたり)。。

<日本初上陸まで~開発経緯>
高濃度オリーブエキスを使った製品を作りたいという思いから、“カステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ社”に交渉するも、品質や濃度のこだわりから、濃縮原料の製造についてなかなか承諾をもらえず、1年半以上交渉の日が続きましたが、ようやく実現。同社の独自技術である、オリーブオイルを作る際に出る液状の原料を真空蒸発によって濃縮させる製造方法を用いた、日本初上陸となる高濃度オリーブエキスを原料として使用することができ、商品化しました。
高濃度オリーブエキスの原料を空輸し、日本でカプセル化するために、安定供給と原料の品質・グレードの確約を取りつけました。
イタリアでさえまだ商品化されていない(2018年2月現在)、高濃度オリーブエキスをギュッと濃縮した、こだわりのサプリメントです。 イタリア国立研究所の生物学者が、親子2代で20年以上かけてフィルター技術を研究、ポリフェノールを壊さずに抽出する特殊な技術を確立。
この特殊な精製機を同社だけが独占契約しており、その技術も含め、日本では開発メーカー社長が独占契約しています(2018年2月現在)。 <カステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ社とは>
長い歴史を持つ城があり、イタリア・ウンブリア州で“街の象徴”としても知られる、伝統のあるオリーブオイルメーカーです。