ビバライズ 抜群の切れ味が長持ち! ギザ刃三徳包丁 <18cm>の特徴

ビバライズ 抜群の切れ味が長持ち! ギザ刃三徳包丁 <18cm>

メーカー希望小売価格 ¥8,640

<ビバライズ>より、片刃に現代の先端技術で特殊加工したギザ刃をほどこしており、抜群の切れ味が長持ちする「ギザ刃三徳包丁<18cm>」のご紹介です。
刃部は、岐阜県関市にある刀鍛屋の伝統を受け継ぐ刃物屋で、刀鍛冶の伝統技術に現代の先端技術を取り入れることにより生まれた、“ハイブリッドブレード”(メーカー呼称)を使用しています。ハンドルは人間工学にもとづいて設計されているため握りやすく、また軽量に仕上げているので扱いやすいつくり。幅広い食材を切ることができ、左右どちらの手でも使える、汎用性の高さも魅力の極上の逸品です。

【商品の特徴】
■刃:刀鍛屋の伝統を受け継ぐ刃物屋の日本の職人が、丹精込めて一つ一つ丁寧に研いでいるので、切れ味抜群。
さらに片刃には現代の先端技術で特殊加工をほどこしたギザ刃を使用しているため、切れ味が長く持続。ギザ刃は同素材の直刃と比較して約10倍の切れ味が持続します(2014年6月現在/第三者機関調べ)。
※使用状況により、切れ味の持続性には違いが生じます
刃の部分を”ハイブリッドブレード”とメーカーでは呼んでいます。手術用のメスなどにも使われる、粘り強いモリブデンバナジウムステンレス刃物鋼(ドイツDIN規格)を採用しているので、切りやすくなっています。刃部の片面にはディンプル(凸凹)加工をほどこしており、食材と包丁の接地面が少ないので抵抗が少ないのも特徴。食材がスムーズに切りやすくなっており、さらに切った食材が包丁にくっつきにくくなっています。
■ハンドル:耐熱性、耐衝撃性に優れ、柔軟性を併せ持っているため、医療用に使われている三菱化学のゼラス(エラストマー)を採用。そのため、握りやすく滑りにくく、持ちやすいのがうれしい。人間工学に基づいて設計されており、一般的な包丁に比べてハンドルがせり上がっているので、力が入りやすいのもポイントです。かぼちゃなどの硬い食材も楽に切れることを目指した設計となっています。
■工程:全32の製造工程を経て作られています。